2016年08月29日

No.58発行〜ウェブで読むEMCノイズ対策情報誌2016年8月号

Interference Technology 日本版2016年8月号(通算58号)は特集2本&ニュース46件、全40ページの内容でお届けします!

58号表紙第58号はMIL規格特集として、MIL関連記事を2本掲載しています。どちらもMIL規格の試験をするために役立つ内容ですので、ぜひご一読ください。

特集の1本目は、MIL規格「G」版の変更点を整理し、過去の経緯の詳述から将来の展望まで含め、完全なレビューを目指したものです。FFT受信機についての例え話などもはさみながら、「G」版作成に関わったTSWGのメンバーでもある著者ならではの鋭い指摘が目立つ興味深い内容となっています。

2本目は同じ著者によるもので、SAEの航空宇宙情報レポート(AIR)におけるMIL規格の試験機器の校正方法について書かれています。図も豊富にあり、わかりやすい記事になっています。


Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから

◆ 2016年8月号・特集記事 ◆
P.20<軍用規格>カテゴリ
●MIL-STD-461Gの完全なレビュー

P.32 <軍用規格>カテゴリ
●MIL-STD-461Gに航空宇宙情報レポートSAE AIRが入っている理由

記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

▼2016年8月号の掲載ニュース全46件のタイトル一覧はこちら!
▼8月号 EMCニュース一覧 全16件 
・スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)用フィードホーンの開発
・米海軍のモバイルアプリeSailor 公開
・動物の行動からヒントを得た自律運転トラック
・カリフォルニアに雷研究所の新建屋が完成
・運転中に携帯電話を妨害したフロリダの男に罰金刑
・GPS のバックアップシステム開発
・英国の最も有名な電波天文台が危険な状況に
・RF製品大手が本社拡張のため移転
・エミッションにより低コストで電子機器を識別
・ライフセーバーロボットEMILY
・ホワイトサンズミサイル実験場で電磁界を分析
・中国南西部で飛行機の着陸を妨害した海賊放送局を摘発
・韓国がサイバー攻撃を受けた後にGPSバックアップを強化
・ドローンと航空機の衝突危険性を評価するタスクフォースを創設
・米陸軍には、さらにスペクトラムが必要
・軍用自律型外洋航行船の試験開始

▼8月号 規格ニュース一覧 全10件
・英文のWikiに一般的なEMC 規格掲載
・CISPR規格アップデートに遅れないよう!
・新EMC 指令への適合
・MIL-STD-464C規格の改定が進行中
・MIL規格文書の正式アーカイブASSIST
・新EMC指令2014/30/EU への移行
・新しい欧州EMC 指令発行
・製品に対して正しいEMC 規格を選ぶ方法
・EMCに関連するIECの組織
・CISPR がスマートグリッドの規格を作成

▼8月号 製品ニュース一覧 全20件
・「ゼロ」調整や校正不要のパワー・センサ
・IMSでモジュラー型スペクトラムアナライザを発表
・すぐに使える6 GHzまでのセミリジッド試験プローブ
・導電性および抵抗性インクの新製品
・40 GHzまで使えるフレキシブルなRF試験ケーブル
・Nanocrystallineコモンモードチョーク発表
・単相用と3相用のフィルタ付きコネクタ
・オーディオライン用の低歪みノイズ除去フィルタ
・ミッドレンジのシグナル・スペクトラム・アナライザ新製品
・極小で低雑音のPLLモジュール発売
・★IMS2016で小型スペアナとベクトル信号発生器を発表
・開放型 TEMセルを発表
・無料のEMC予備認証ツール
・新しいUSBマイクロ波信号発生器
・360 度全方位をEMIシールドする基板-FPCコネクタ新製品
・最新のUSB 3.1 用コネクタおよび付属品
・強化導伝性シリコンゴムガスケット の新製品
・EMI の低いDC-DCコンバータ発売
・表面実装可能な局所シールド缶の 新製品
・新しい5 μH の LISN


Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!

ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。

posted by e-ohtama_tokyo at 16:09| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報

2016年06月20日

No.57発行〜ウェブで読むEMCノイズ対策情報誌2016年6月号

Interference Technology 日本版2016年6月号(通算57号)は特集3本&ニュース39件、全32ページの内容でお届けします!
57号表紙第57号は、特集記事3本を掲載!

まず、ヨーロッパに無線機器や放送受信機を輸出する担当者必読!無線機器指令REDが2016年6月13日から適用となるため、その対応についての要点を再確認できる記事です。

次の記事は表題の通りIEC 61000-4-5第2版と第3版を比較し、主な内容をわかりやすくまとめてあるので試験実施にあたってはぜひ、ご一読ください!記事内では、第3版の試験をパスするための設計変更はおそらく必要ないと予測しています。

3本目の特集はSMDチップフェライトビーズの過渡電流について考察したもので、評価方法の検討と独自設計による許容パルス負荷電流のアップを紹介しています。


Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから



◆ 2016年6月号・特集記事 ◆
P.19 <規格>カテゴリ
● 無線機器指令2014/53/EU

P.23
 <EMC試験>カテゴリ
●多層SMDフェライト:ピーク電流負荷許容量アップ

P.31
 <EMC設計>カテゴリ
●多層SMDフェライト:ピーク電流負荷許容量アップ

記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

▼2016年6月号の掲載ニュース全39件のタイトル一覧はこちら!
▼6月号 EMCニュース一覧 全16件
・米海軍が波力発電変換装置を開発中
・北朝鮮がGPS ナビシステムを妨害
・高速電波バースト“Afterglow” は明滅するブラックホールか?
・携帯電話会社が衛星産業と共に潜在的妨害を削減
・NASAがレーザー経由の通信方法を発表
・IoT用のナノスケール材料
・EMCサービス拡大につながる会社買収
・潜在的なGPS妨害を米空軍が懸念
・電波望遠鏡サイトから数千人の住人が移住
・空軍が電子戦・サイバー戦に高強度電磁技術を適用予定
・乳がん患者の痛みを救う新ツール
・月の裏側の「ヘンな音楽」
・車に特化した無線通信試験所が新ラボをオープン
・ESA の水星周回衛星にEMC試験
・来る5G時代の「ユニバーサルな」占有課題に適合する
・大手航空機会社のエンジニアが新しい雇用契約を支持

▼6月号 規格ニュース一覧 全10件
・FCC 適合を達成する6つのステップ
・ウェアラブルの未来
・規制アップデート
・IECが情報セキュリティマネジメントの一般用語集を改訂
・新しい合意による試験所
・IC発行のICES-003新版
・無線機器指令の新版
・装置からの妨害を規制する英国の決定
・CISPRがスマートグリッドの規格を作成
・EU Product Rule のブルーガイド発行

▼6月号 製品ニュース一覧 全13件
・シミュレーション・ソフトウェアの最新バージョンをリリース
・大電流用途に試験されたカンテッド・ガスケット新製品
・高速広帯域スキャン可能なRFスペアナ
・3.6/6 GHz のハンドヘルド・スペアナ
・マルチクロックコム発生器がPDN感受性とEMIを検出
・EMIシールド通気口とフィルタの新製品
・オープン・アーキテクチャCAEシミュレーション・プラットホームの
   新製品発表
・校正された電界強度測定RFP Smart Fieldmeter Kit
・6GHz、リアルタイムの新測定システム
・自動車・無線通信用の小型広帯域アンプ
・高電力パルスTWTアンプリシーズ
・新しいチップセットにより100 GHz以上の帯域幅を持つ
   リアルタイム/等価時間オシロスコープ
・ITU-T K.83 に適合する周波数選択的エリアモニタ


Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!

ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。

posted by e-ohtama_tokyo at 15:01| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報

2016年04月20日

No.56発行〜ウェブで読むEMCノイズ対策情報誌2016年4月号

Interference Technology 日本版2016年4月号(通算56号)の発行をお知らせします!56号表紙
56号は2本の特集記事をお届けします。

「EMCの民生規格と軍用規格の管理」は、EMCの民生規格と軍用規格の違いを説明した記事。換算など測定法が違うので両者を単純に比較するのは不可能なことがおわかりいただけるでしょう。また、各企業で問題となることが多いEMC対応についてもよく考察されていて反面教師として興味深く読むこともできるので、ぜひご一読をお奨めします。

「IoTのEMC設計」はタイトルこそIoTですが、電磁妨害源のICに注目して、そこから出る電磁エネルギーをICの端子ごとに測り、その測定法とデータのまとめ、さらに対策へと展開した内容になっています。



Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから



◆ 2016年♪月号・特集記事 ◆
P.24 <EMC規格>カテゴリ
●EMCの民生規格と軍用規格の管理

P.24 <EMC設計>カテゴリ
●IoTのEMC設計

記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

▼2016年4月号の掲載ニュース全31件のタイトル一覧はこちら!
▼EMCニュース一覧 全13件
・Appleの電源プラグリコール&交換
・ホワイトハッカー* が別室にあるノートPC から
   暗号鍵を盗む方法とは?
・ハッカーが病院のネット接続を人質に360万ドルの身代金を請求
・移動通信網の電波による鉄道無線通信の妨害に
   スウェーデン運輸当局が率先して対応
・スマホ新製品に新しいシールド技術を採用
・欧州におけるナノエレクトロニクスの将来像
・韓国メーカーがEMI 対策機器供給で中国と1890万ドルの取引
・コネクテッドカーは我々の世代のT型フォードである
・ハッカーを撃退するRFID チップ
・衛星通信協会が干渉に対抗する提案
・オランダ警察が鷲を訓練してドローンを捕獲
・干渉をフィードバックするジェスチャーコントローラ
・Wi-Fi を使って 壁越しに人を識別する

▼規格ニュース一覧 全10件
・EMC指令2014/30/EU2016年4月から強制に
・CISPR が「スマートグリッドのEMCガイド」を発行
・A2LAとANSIをNISTがNB 認定機関として承認
・FCC:CFR の47章
・欧州指令の変更
・オーストラリア規制当局がEMCの製品適合ガイドを発行
・FCCがEMC 承認プロセスを変更
・IEC がCISPR委員会についてのガイドを発行
・機能安全規格 IEC 61508
・韓国のPRAKN32 KN35 を認証

▼製品ニュース一覧 全18件
・Langer EMVのプリアンプ新製品
・特注できるベリリウム銅ガスケット
・MDO4000C シリーズ・ミックスド・ドメイン・オシロスコープ
・ハロゲンフリーのEMI アブソーバ新製品
・耐久性を高めたリアルタイム・スペアナ
・コンパクトで薄型の低電力RF アンプシリーズ
・ドローンを検知する新システム
・マルチタッチ・インターフェイスを備えた試験機器の新設計モデル
・スペアナ用制御ソフトの新セット
・アンリツ、遠隔スペクトラムの新製品を発売
・近傍界アンテナシステムの設計に関する使用上の注意点
・単位変換アプリの新製品をiTunes からダウンロード可能
・シンプルなインターフェイスとワイド画面のスペアナ
・環境コンプライアンスに適合した新しい電源シリーズ
・USB 3.1 C-Type の新コネクタ
・シールド材料の無料設計キット
・任意波形ジェネレータの新製品
・リーズナブルな手持ちのスペアナ


Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!

ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。

posted by e-ohtama_tokyo at 14:23| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報

2016年03月10日

どのように5Gを測定するか <55号「アンテナ」カテゴリ記事>

55号「どのように5Gを測定するか」Interference Technology 日本版Interference Technology 日本版 2015年5月号より記事の抜粋をお届けします。

EMC関連トピックからは少し離れますが、アクティブアンテナシステムの特性を近傍界で測定し、遠方界に変換する方法を述べた記事のご紹介です。

近傍界のノイズ測定で遠方界へ変換する方法へのヒントになるかもしれない内容なのでお見逃しなく!

Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから

2015年2月号 P.20
どのように5Gを測定するか <アンテナ>
 はじめに
 新時代の電子戦の最前線に身を置いている我々にとって、電磁スペクトラムの管理と使用はますます重要になってきている。実際、米国の国防総省(DoD:Department of Defense)は、電磁スペクトラムを重要な資源と認識しており、国防総省指示書4650.01(DoD Instruction 4650.01)で、この資源を管理し使用する方針および手順の意味を明確にしている。この文書の重要な内容の1つは、スペクトラムサポート性リスク評価(SSRA: Spectrum Supportability RiskAssessments)の実行である。スペクトラムが過密になるにつれて、SSRAの重要性は高まっており、業界の実務担当者は新しい機器とシステム用の新しい材料要求の開発に際して最近の規則変更を認識しているはずである。SSRAは、スペクトラム証明と周波数割当プロセス対応に加えて、市販既製品(COTS:Commercial-Off-the-Shelf)システムはもちろん、スペクトラムに依存する全システム調達に必要である。SSRAの目的は、使用するシステムの必要な動作性能に影響する可能性のある規制や技術的案件および使用可能なスペクトラムの問題を特定・評価することである。例えば、新規または変更されたシステムはシステムの帯域幅要求事項が個別の国家周波数配分計画に従うという決定に加え、以下の内容に関しても評価が必要である。 …(後略)…

▼続きは読者登録後、2015年2月号のP.20へ

<他の特集記事>
 ● 電源入力フィルタボックスの中身とその理由 <フィルタ> ........ 16

 ● スペクトラムサポート性リスク評価(SSRA)の概要 <軍用規格> ... 24


記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!
ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。
タグ:アンテナ
posted by e-ohtama_tokyo at 18:26| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報

2016年02月24日

No.55<リニューアル!>発行〜ウェブで読むEMCノイズ対策情報誌2016年2月号

Interference Technology 日本版2016年2月号(通算55号)をお届けします。今月号から電子ブックにリニューアルしました!もちろんPDFでもダウンロードできます。
無料読者登録後に、デジタルブックの便利さをぜひ、ご体験ください。

【Interference Technology 日本版】55号(2016年2月号)表紙今月号の特集記事は3本です。

 まずは伝導妨害波対策には欠かせない電源入力フィルタについての記事。RE指令で周波数下限がなくなることなどに対応して、規格の対象周波数範囲の下限が9 k H z〜150 k H z 、2k H z〜9 k H zへと拡大する傾向にあります。これに関連してフィルタが対応すべき課題を説明していますが、特にメーカー仕様と実使用状態の差異については十分な注意が必要です。

 2本目の記事はEMC関連トピックからは少し離れますが、アクティブアンテナシステムの特性を近傍界で測定し、遠方界に変換する方法を述べたものです。近傍界のノイズ測定で遠方界へ変換する方法へのヒントになるかもしれない内容なのでお見逃しなく!

 「軍用規格」の記事は、日本では馴染みのないアメリカの使用周波数のアセスメント方法を掲載。軍が関与して行われるアセスメント方法を解説していますが、これは広い意味で“EMCの確保”と言えるので、EMC問題の検討に役立つのではないでしょうか。


Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから



◆ 2016年2月号・特集記事 ◆
P.16 <フィルタ>カテゴリ
●電源入力フィルタボックスの中身とその理

P.20 <アンテナ>カテゴリ
●どのように5Gを測定するか

P.24 <軍用規格>カテゴリ
●スペクトラムサポート性リスク評価(SSRA)の概要


記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

▼2016年2月号の掲載ニュース全28件のタイトル一覧はこちら!
▼EMCニュース一覧 P.4〜7 全13件
・FAA が小型UAS(ドローン等)の登録規則を発表
・米国カリフォリニア州で新型ジャミング・シミュレータを公開
・IEEE EMC 学会が新しいシンポジウム名を承認
・ローデ・シュワルツ社が自動車用レーダーに関するホワイトペーパーを発表
・Verizon 社が免許不要のWi-FiスペクトラムをLTE で使うことを提案
・DC-DC コンバータ性能の改善方法
・バッテリ・サイズの問題
・Tektronix がDanaher 社と関係解消
・尿を使ったウェアラブルエネルギー発生器で無線送信機に電力供給
・Wurth Elektronik eiSos 社がスペインへ拡大
・欧州宇宙機関(ESA)追跡局が電磁干渉により移転
・米国運輸省が自動運転車両について見直し
・LVDS接続の妨害をどうやって抑圧するか

▼規格ニュース一覧 P.8〜9 全8件
・MIL-STD-461G
・ANSI C63.4-2014とANSI C63.10-2013がFCC規則の参照規格に
・EMC 規格の概要
・スペクトラムの特徴と占有検出に関する規格
・CISPR 規格の使い方ガイド選択方法
・モノのインターネット(IoT):無線センサネットワーク
・FDA が医療用機器のEMCガイダンス草案を発行
・ワイヤレス充電のトレンド動向

▼製品ニュース一覧 P.10〜15 全7件
・Tekbox のLISN
・AIM-TTi社の電流プローブ
・Aaronia社がSpectran RF Generator用ソフトウェアの改訂を発表
・Langer-EMVのマイクロ近傍界プローブ新製品
・Molex 社のマルチポート同軸と基板の接続コネクタ
・Aaronia社の3D RFトラッキングアレーアンテナ
・USB ベクトル信号発生器の新製品
・世界初、スマホでつながる機内持込荷物“Bluesmart”
・高いESD耐性、待ち時間最短の産業用ギガビットイーサネットPHY
・ダウンロード可能なフレキシブルプリント回路の設計ガイド
・Pasternack社の低ノイズ・ゲインブロックアンプ
・SAR測定用のユニバーサルな新Duobody ユニット
・自動車産業に役立つよう特別設計されたアンプ新製品
・SMDフェライトの新製品をシンポジウムで展示
・中国で無線試験所がオープン
・垂直設計で専有面積を30% 削減するチョーク
・EMI/RFI シールドの利点を説明するCanted Coilバネカタログ


Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!

ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。
posted by e-ohtama_tokyo at 17:46| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報