2016年10月26日

ドラマのロケハン

前回、e・オータマ東京試験所がドラマに登場してから約1年。
家族食堂看板
>>詳しくはこちらをどうぞ!

なぜか最近、またドラマロケの引き合いが増えています。
東京試験所ができて10年、ドラマの舞台となったのは昨年を含めて2回ですが、
実はロケハンや引き合いの数はもっと多いんですよTV

多摩地区は、都心に比べて道も広いし、ロケバスなども停めやすいんでしょうね。
近辺の会社でも何度かロケを見かけたことがあります。

今回も、どうなるかはまだわかりませんが、本決まりになって(情報公開OKになったら)
またお知らせしますねexclamation×2 
(ドラマの放映開始前は情報解禁NGなことも多いのです(>_<) )


posted by e-ohtama_tokyo at 15:38| Comment(0) | お知らせ

2016年09月23日

MIL-STD-461Gに航空宇宙情報レポートSAE AIRが入っている理由 <58号「軍事規格」カテゴリ記事>

Interference Technology 日本版Interference Technology 日本版 2016年8月号より記事の抜粋をどうぞ!

58号「MIL-STD-461Gに航空宇宙情報レポートSAE AIRが入っている理由」MIL特集号となっている【Interference Technology日本版】第58号では2本の記事をご紹介しています。どちらもMIL規格の試験をするために役立つ内容です。

2本目の記事はSAEの航空宇宙情報レポート(AIR)におけるMIL規格の試験機器の校正方法について書かれた、記事です。図も豊富で、わかりやすい内容になっています。

Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから

2016年8月号 P.32
MIL-STD-461Gに航空宇宙情報レポートSAE AIRが入っている理由

〜偉大な実践者に敬意を表して〜
 今月号の別記事「MIL-STD-461G:完全なレビュー」の注にあるように、SAE の航空宇宙情報レポート(AIR)のAIR 6236「EMI 試験機器の社内確認」は、特にMIL-STD-461G をサポートするために書かれている。注目すべきはセクション4.3.11(測定機器の校正)では、EMI 受信機、スペクトラムアナライザ(以降「スペアナ」)、オシロスコープ、(RS103)電界センサなどが適用範囲から外されたことである。今ではセクション4. 3. 11 に「初期校正後、測定アンテナ、電流プローブ、LISN など受動的なデバイスでは、デバイスが修理される場合を除き、正式な校正を追加する必要はない。手順における測定システムのインテグリティチェックは、受動的なデバイスの許容性を決定するのに十分である」と書かれている。AIR 6236は、EMI 試験施設で一般的に利用できる試験機器だけを使う場合に、そのようなデバイスの適切な動作確認を支援するために書かれたものである。AIR の背景にある考え方は、測定システムのインテグリティチェックで問題がある場合、AIR 6236 測定がトランスデューサに問題があるかどうか示すことである。AIR 6236 は、2015 年12 月に発行された。またAIR の手順は、必要に応じて、社内で定期的にEMI 試験機器を自己チェックするのに使うことができる。 …(後略)…
▼続きは読者登録後、2016年8月号のP.20へ

<他の特集記事>
 ● MIL-STD-461Gの完全なレビュー <軍事規格>.................... 20

記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!
ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。

ログインなしでここまで読める!EMCのポータルサイト

posted by e-ohtama_tokyo at 11:49| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報

2016年09月12日

MIL-STD-461Gの完全なレビュー <58号「軍事規格」カテゴリ記事>

Interference Technology 日本版Interference Technology 日本版 2016年8月号より記事の抜粋をどうぞ!

58号「MIL-STD-461Gの完全なレビュー」【Interference Technology日本版】第58号はMIL規格特集として関連記事を2本掲載中!どちらもMIL規格の試験をするために役立つ内容ですので、ぜひご一読ください。

このメイン記事は、MIL規格「G」版の変更点を整理し、過去の経緯の詳述から将来の展望まで含め、完全なレビューを目指したものです。FFT受信機についての例え話などもはさみながら、「G」版作成に関わったTSWGのメンバーでもある著者ならではの鋭い指摘が目立つ興味深い内容となっています。♪

Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから

2016年8月号 P.20
MIL-STD-461G:完全レビュー

 MIL-STD-461G は、2015年12月11日に発行され、その期日以後は契約上の義務が生じる。
 この報告書は、「F」版と「G」版を並べて単に比較した長いリストではなく、Tri-ServiceWorking Group(TSWG)により実施された項目の内部報告であり、変更そのものはもちろん、変更の背景にある思考過程なのである。MIL-STD-461G に採用されなかった内容も一部リストアップし、その理由を議論している。
 この報告書の公表によって読者がMILSTD-461G を入手できるなら、大いに役立つだろう。背景を述べると、MIL-STD-461 は空軍によって公式に準備されるが、当然ながら陸軍と海軍の代表者から成るTSWG の成果物でもある。陸軍・海軍の代表に加えて、産業界の代表もメンバーであり、そのうちの1 人が著者である。 …(後略)…
▼続きは読者登録後、2016年8月号のP.20へ

<他の特集記事>
 ● MIL-STD-461Gに航空宇宙情報レポートSAE AIRが
    入っている理由 <軍事規格> ............................. 32

記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!
ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。
posted by e-ohtama_tokyo at 10:56| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報

2016年08月29日

No.58発行〜ウェブで読むEMCノイズ対策情報誌2016年8月号

Interference Technology 日本版2016年8月号(通算58号)は特集2本&ニュース46件、全40ページの内容でお届けします!

58号表紙第58号はMIL規格特集として、MIL関連記事を2本掲載しています。どちらもMIL規格の試験をするために役立つ内容ですので、ぜひご一読ください。

特集の1本目は、MIL規格「G」版の変更点を整理し、過去の経緯の詳述から将来の展望まで含め、完全なレビューを目指したものです。FFT受信機についての例え話などもはさみながら、「G」版作成に関わったTSWGのメンバーでもある著者ならではの鋭い指摘が目立つ興味深い内容となっています。

2本目は同じ著者によるもので、SAEの航空宇宙情報レポート(AIR)におけるMIL規格の試験機器の校正方法について書かれています。図も豊富にあり、わかりやすい記事になっています。


Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから

◆ 2016年8月号・特集記事 ◆
P.20<軍用規格>カテゴリ
●MIL-STD-461Gの完全なレビュー

P.32 <軍用規格>カテゴリ
●MIL-STD-461Gに航空宇宙情報レポートSAE AIRが入っている理由

記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

▼2016年8月号の掲載ニュース全46件のタイトル一覧はこちら!
▼8月号 EMCニュース一覧 全16件 
・スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)用フィードホーンの開発
・米海軍のモバイルアプリeSailor 公開
・動物の行動からヒントを得た自律運転トラック
・カリフォルニアに雷研究所の新建屋が完成
・運転中に携帯電話を妨害したフロリダの男に罰金刑
・GPS のバックアップシステム開発
・英国の最も有名な電波天文台が危険な状況に
・RF製品大手が本社拡張のため移転
・エミッションにより低コストで電子機器を識別
・ライフセーバーロボットEMILY
・ホワイトサンズミサイル実験場で電磁界を分析
・中国南西部で飛行機の着陸を妨害した海賊放送局を摘発
・韓国がサイバー攻撃を受けた後にGPSバックアップを強化
・ドローンと航空機の衝突危険性を評価するタスクフォースを創設
・米陸軍には、さらにスペクトラムが必要
・軍用自律型外洋航行船の試験開始

▼8月号 規格ニュース一覧 全10件
・英文のWikiに一般的なEMC 規格掲載
・CISPR規格アップデートに遅れないよう!
・新EMC 指令への適合
・MIL-STD-464C規格の改定が進行中
・MIL規格文書の正式アーカイブASSIST
・新EMC指令2014/30/EU への移行
・新しい欧州EMC 指令発行
・製品に対して正しいEMC 規格を選ぶ方法
・EMCに関連するIECの組織
・CISPR がスマートグリッドの規格を作成

▼8月号 製品ニュース一覧 全20件
・「ゼロ」調整や校正不要のパワー・センサ
・IMSでモジュラー型スペクトラムアナライザを発表
・すぐに使える6 GHzまでのセミリジッド試験プローブ
・導電性および抵抗性インクの新製品
・40 GHzまで使えるフレキシブルなRF試験ケーブル
・Nanocrystallineコモンモードチョーク発表
・単相用と3相用のフィルタ付きコネクタ
・オーディオライン用の低歪みノイズ除去フィルタ
・ミッドレンジのシグナル・スペクトラム・アナライザ新製品
・極小で低雑音のPLLモジュール発売
・★IMS2016で小型スペアナとベクトル信号発生器を発表
・開放型 TEMセルを発表
・無料のEMC予備認証ツール
・新しいUSBマイクロ波信号発生器
・360 度全方位をEMIシールドする基板-FPCコネクタ新製品
・最新のUSB 3.1 用コネクタおよび付属品
・強化導伝性シリコンゴムガスケット の新製品
・EMI の低いDC-DCコンバータ発売
・表面実装可能な局所シールド缶の 新製品
・新しい5 μH の LISN


Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!

ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。

posted by e-ohtama_tokyo at 16:09| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報

2016年06月20日

No.57発行〜ウェブで読むEMCノイズ対策情報誌2016年6月号

Interference Technology 日本版2016年6月号(通算57号)は特集3本&ニュース39件、全32ページの内容でお届けします!
57号表紙第57号は、特集記事3本を掲載!

まず、ヨーロッパに無線機器や放送受信機を輸出する担当者必読!無線機器指令REDが2016年6月13日から適用となるため、その対応についての要点を再確認できる記事です。

次の記事は表題の通りIEC 61000-4-5第2版と第3版を比較し、主な内容をわかりやすくまとめてあるので試験実施にあたってはぜひ、ご一読ください!記事内では、第3版の試験をパスするための設計変更はおそらく必要ないと予測しています。

3本目の特集はSMDチップフェライトビーズの過渡電流について考察したもので、評価方法の検討と独自設計による許容パルス負荷電流のアップを紹介しています。


Interference Technology 日本版は、いつでも読めるWebマガジンスタイルの無料のEMC技術情報誌です。ぜひ、ご登録ください。登録はほんの2〜3分!

オンライン無料登録はこちらから



◆ 2016年6月号・特集記事 ◆
P.19 <規格>カテゴリ
● 無線機器指令2014/53/EU

P.23
 <EMC試験>カテゴリ
●多層SMDフェライト:ピーク電流負荷許容量アップ

P.31
 <EMC設計>カテゴリ
●多層SMDフェライト:ピーク電流負荷許容量アップ

記事の続きをお読みになるには、下記より無料の読者登録をお願いいたします。
www.Interference-Technology.jp

▼2016年6月号の掲載ニュース全39件のタイトル一覧はこちら!
▼6月号 EMCニュース一覧 全16件
・米海軍が波力発電変換装置を開発中
・北朝鮮がGPS ナビシステムを妨害
・高速電波バースト“Afterglow” は明滅するブラックホールか?
・携帯電話会社が衛星産業と共に潜在的妨害を削減
・NASAがレーザー経由の通信方法を発表
・IoT用のナノスケール材料
・EMCサービス拡大につながる会社買収
・潜在的なGPS妨害を米空軍が懸念
・電波望遠鏡サイトから数千人の住人が移住
・空軍が電子戦・サイバー戦に高強度電磁技術を適用予定
・乳がん患者の痛みを救う新ツール
・月の裏側の「ヘンな音楽」
・車に特化した無線通信試験所が新ラボをオープン
・ESA の水星周回衛星にEMC試験
・来る5G時代の「ユニバーサルな」占有課題に適合する
・大手航空機会社のエンジニアが新しい雇用契約を支持

▼6月号 規格ニュース一覧 全10件
・FCC 適合を達成する6つのステップ
・ウェアラブルの未来
・規制アップデート
・IECが情報セキュリティマネジメントの一般用語集を改訂
・新しい合意による試験所
・IC発行のICES-003新版
・無線機器指令の新版
・装置からの妨害を規制する英国の決定
・CISPRがスマートグリッドの規格を作成
・EU Product Rule のブルーガイド発行

▼6月号 製品ニュース一覧 全13件
・シミュレーション・ソフトウェアの最新バージョンをリリース
・大電流用途に試験されたカンテッド・ガスケット新製品
・高速広帯域スキャン可能なRFスペアナ
・3.6/6 GHz のハンドヘルド・スペアナ
・マルチクロックコム発生器がPDN感受性とEMIを検出
・EMIシールド通気口とフィルタの新製品
・オープン・アーキテクチャCAEシミュレーション・プラットホームの
   新製品発表
・校正された電界強度測定RFP Smart Fieldmeter Kit
・6GHz、リアルタイムの新測定システム
・自動車・無線通信用の小型広帯域アンプ
・高電力パルスTWTアンプリシーズ
・新しいチップセットにより100 GHz以上の帯域幅を持つ
   リアルタイム/等価時間オシロスコープ
・ITU-T K.83 に適合する周波数選択的エリアモニタ


Interference Technology無料登録は、オンラインにて2分で完了!

ITJロゴ
* 登録は無料!
 一切、料金はかかりませんので、ご安心ください。

posted by e-ohtama_tokyo at 15:01| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報