2018年11月22日

♪ 黒川駅にクラシックの調べ ♪

黒川駅e・オータマ広告上り・新百合方面ホームにあるe・オータマのクイズ広告でもおなじみexclamation&question 東京試験所最寄りの小田急多摩線「黒川駅」をご利用の皆様、もうお気づきでしょうか?

電車11/3より、駅の改札口付近に流れる音楽とホームの接近音がクラシック音楽になっておりますひらめき

駅員さんに聞くと、改札付近の音楽はクラシック専門の有線から流す110曲だそうです。
またホームの接近メロディはるんるん
・上り メンデルスゾーン :交響曲第4番「イタリア」
・下り ワーグナー :楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
⇒詳細はこちら(小田急のリリース)

上記リリースによると、黒川駅に隣接して今年4月に読売日本交響楽団(読響)の新練習所が稼働し始めたこともあって、読響の演奏による接近メロディを導入したとのこと。
⇒読響のサイト「読響の新練習所が黒川駅前に落成し、リハーサルを開始」

かくいう私も毎日、通勤で利用していますが、初めて聴いたときは「え?何?」と驚きました。クラシックが流れると急に駅じゃない空間に変わったように感じまして…。今ではすっかり慣れて、改札を通る度に今日は何の曲かなぁと楽しみにしています。先日は、派遣会社のCMで以前に使われていたチャイコフスキー弦楽セレナーデで、気分が上がりました!

▼YouTubeに投稿している方がいらっしゃったので、お借りしました。▼


今度、黒川駅にいらした際には、ぜひ壮大な1番線(下り)と楽しい2番線(上り)の接近メロディと、日替わりクラシック曲ぴかぴか(新しい)を体験してみてくださいね!
posted by e-ohtama_tokyo at 09:33| Comment(0) | 黒川の風景

2018年09月19日

ハロウィーン仕様の受付でお待ちしています♪

晴れ猛暑もようやく終わり…なのかは定かではありませんが、朝夕はさすがに涼しくなってきました。
ハロウィーン受付@東京.JPG
東京試験所の受付が、にぎやかにハロウィーン仕様るんるんとなっています。

このイラスト、実は当社の社員がささーっと描いたもの。ご来館の折にはぜひ、楽しんでいただけると幸いです。
posted by e-ohtama_tokyo at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年06月14日

素敵なカフェができました^^

半年ぶりにブログ更新しましたわーい(嬉しい顔)
演劇嬉しいお知らせがあります演劇
東京試験所からなんと徒歩5分の所にカフェができましたぴかぴか(新しい)
前からあるイートインのお弁当屋さん「弁当弁」のすぐ裏にあります。
お弁当屋さんと同じNPOが営業しているそうです。
外から見ると結構立派な建物ですねexclamation×2

cafe_outside.jpg

お店の中でもいい雰囲気で癒されます黒ハート

cafe_inside.jpg

珈琲300円は豆から挽いたものでドリンクには全て手作り(らしい)クッキーが2枚付いてきます。なんかお得!わーい(嬉しい顔)

席は通常のテーブル席のほか、ゆったりしたソファもあり、くつろげると思います。
自分のお弁当など食べ物持込も決定です。

◆営業時間:平日11:00〜15:00(ラストオーダー14時半)


メニューは下記のようになっています(カナリお安い手(チョキ))。

無題.jpg



最後に、試験サイトの空き状況をご案内いたします

ひらめき試験サイト空き状況のお知らせ ひらめき

6月:
10m電波暗室の空きはございません。
3m電波暗室は若干空きがございます。
シールド室は空きがございます。連続で日程を抑えることも可能です。

7月:
10m、3m電波暗室は若干空きがございます。
シールド室は空きがございます。連続で日程を抑えることも可能です。

予約は日々、変動しておりますので試験実施を検討している場合は
お早めにご連絡いただければと存じます。

※弊社、他サイトで実施可能な場合もございますので、
まずはご一報いただけますと幸いです。

ご連絡お待ちしております。
posted by e-ohtama_tokyo at 18:38| Comment(0) | お知らせ

2018年01月26日

雪と団結力と東京試験所

新年あけて、早いもので一ヶ月が経とうとしておりますダッシュ(走り出すさま)

先日は、関東地方でもまさかの雪大雪雪が降り、慣れない雪道と戦う人々、昼夜雪かきをする人々など
首都圏では珍しい光景を各所で見掛けました。

かくいう東京試験所も、多分に漏れずしっかりと雪に埋もれてしまいましたたらーっ(汗)

IMG_2329.jpg

積雪量は凡そ20cm。 降雪後の翌朝、この光景を見て、愕然とするバッド(下向き矢印)と同時に
雪遊びに明け暮れたい気持ちにも襲われましたぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)

とはいえ、そうは言ってられないので、
いざ東京試験所の面々で雪かきを初めてみたところ...exclamation&question

IMG_2331.jpg

なんということでしょうぴかぴか(新しい) ものの2時間でこんなきれいさっぱりとるんるん

写真で見える入口周辺ににとどまらず、
試験所の玄関前、更には駐車スペースまで全てしっかりと雪かきが完了しており、
午前中には営業に差し支えのない通常通りに近い状態へ仕上がっておりました。

雪質がほぼパウダースノー状態であったこと、更にはその日が晴天だったこともありますが、
これは紛れもなくe・オータマの東京試験所の団結力の賜物だと実感しました。


2018年、雪に限らずどんな困難にも、高い技術力と団結力を以て、皆様のお役に立てるよう
尽力してまいりますので、本年もどうぞ何卒よろしくお願いいたします。


posted by e-ohtama_tokyo at 00:00| Comment(0) | EMC・ノイズ対策情報

2017年12月07日

超電導リニア体験レポート

ぴかぴか(新しい)皆さま、こんにちは!晴れ

少し前の話になりますが、超電導リニア体験イベントに運良く当選したので行ってきました!るんるん(5回目にしてやっとですもうやだ〜(悲しい顔)

超電導リニア(Superconducting Maglev)について
超電導リニアは、車両に搭載した超電導磁石と地上コイルの間の磁力によって、車両を10cm浮上させ、超高速で走行する鉄道です。

まず現物を見てみましょう。
現在、走行しているL0系です。

IMG_1090.JPG

1世代前のMLX01-2系です。
IMG_1127.JPG IMG_1131.JPG


続いて、これが乗車口ですが、一見飛行機の搭乗口に見えます。
なんとここは磁気シールド加工されております。強磁石を使用しているため、必要なのでしょう。

IMG_1186.JPG

次は中の様子ですわーい(嬉しい顔)
ぱっと見は、700系の普通車を2x2シートにした感じです。

IMG_1197.JPG IMG_1212.JPG IMG_1214.JPG

発車する前はハッキリと周りの風景が見えますが、速度が徐々に上がり200km過ぎに浮上すると、車輪音が当然のごとく消えます。さらに500kmになると、速過ぎでトンネルの中の色は黒白しかなく、まるで幽霊が出てきそうなCGの画像に見えました。

実験線のほとんどがトンネルなので、景色を見たい方は諦めてくださいあせあせ(飛び散る汗)

やまなし館では超電導リニアについて原理の説明がありました。
興味がありましたら、ご覧ください目(画像をクリックすると、大きくなりますわーい(嬉しい顔))

IMG_1156.JPG IMG_1158.JPG

IMG_1162.JPG IMG_1164.JPG

IMG_1165.JPG


現在の車両は、2015年4月21日時点でギネス世界記録の公式認定書も発行されていますexclamation×2
IMG_1179.JPG

お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)
IMG_1239.JPG

出口から出て、実験線(42.8km)に使用する電力設備が見られます。(デカい目
写真では分かりづらいですが、この距離を走らせるのに必要な設備なのでしょう。
IMG_1241.JPG

近頃、気温がだんだん寒くなってきましたので、皆さまもお体にお気を付けください黒ハート

最後になりますが、弊社の年末年始の休業日と試験サイトの空き状況をご案内致します。
ひらめき弊社の年末年始休業は12/27(水)〜1/8(月)となりますひらめき

ひらめき試験サイトの空き状況 ひらめき

12月:
10m電波暗室は若干空きがございます。
3m電波暗室の空きはございません。
シールド室は空きがございます。

1月:
10m、3m電波暗室は若干空きがございます。
シールド室は空きがございます。連続で日程を抑えることも可能です。

予約は日々、変動しておりますので試験実施を検討している場合は
お早めにご連絡いただければと存じます。

※弊社、他サイトで実施可能な場合もございますので、
まずはご一報いただけますと幸いです。

ご連絡お待ちしております。
フリーダイヤルフリーダイヤル:0120-310-591電話

今年たくさんの方々にお世話になりました黒ハート
また来年もよろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)良いお年をぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
posted by e-ohtama_tokyo at 16:13| Comment(0) | イベント